アセスメント(評価)テンプレートのバージョン管理

はじめに

OneTrustでは、アセスメント(評価)テンプレートのバージョンを管理することが可能です。

この機能を使用することで、誤ってテンプレートを修正してしまった場合や以前のバージョンを使用したい場合、別テンプレートとして復元することが可能です。(OneTrustでは、一度あがったバージョンに対して既存テンプレートのバージョンを以前のものに直接ロールバックすることはできませんが、元テンプレートの履歴にある特定のバージョンを選択し、別テンプレートにコピーしたり、個別の質問を選択しコピーすることで別のテンプレートに復元することが可能です。)

特に開発フェーズでは、仕様の戻りや一時的な変更のテストなどで、前のバージョンに戻したり、変更前にどうなっていたのか確認したいというケースが多いかと思います。こうした場合、既存テンプレートのバージョンのコピー機能やOneTrustが提供するAPIを使用することで別テンプレートとして復元することが可能です。

また、本番運用フェーズでは、改修し、リリースしたテンプレートに問題があった場合に、以前のバージョンを別テンプレートとして復元したり、それに編集を加えたものを、新しい本番テンプレートとして公開するのにも利用できます。

ちなみにバージョンの番号については、「公開」する度にバージョン番号が1つずつ上がる仕組みとなっています。

バージョンを表示するには?

アセスメントの右上の「…」ボタンから「バージョンを表示/非表示にする」をクリックします。
特定のバージョンを選択すると、選択されたバージョンがテンプレートビルダーに表示されます。

image.png

バージョンの履歴一覧にはバージョン番号と公開された日付(詳細では作成日、作成者も確認可能)のみ表示されます。(テンプレートの更新日は表示されません)

以前のバージョンに関する操作

バージョン履歴の一覧から選択した以前のバージョンのテンプレートを選択し、各ボタンをクリックした際の動作について解説します。

1. テンプレートをコピーする

選択されたバージョンが新しく別テンプレートとしてコピーされます。

2. バージョンを編集する

選択したバージョンについて変更を加えることでこのバージョンを参照しているアセスメント(評価)に対して、セクション名や質問のテキスト、説明などを更新することができます。
保存後、バージョンが上がることはありません。

3. 新しいバージョンを作成する

選択されたバージョンに関係なく常に最新のバージョンがテンプレートビルダーに表示され、変更することができます。

さいごに

アセスメント(評価)テンプレートのバージョン管理については、開発フェーズでは、ある程度の頻度で公開しながら開発を進めることで、バージョンを細かく分けて管理することが出来るため、仕様変更によるバージョンの戻しやある時点のバージョンのテンプレートを復元したい場合などに非常に便利です。

もし、まだバージョン機能を利用したことがない方は、是非このブログを参考いただき、開発・運用フェーズでの作業を効率化してみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする

OneTrust は、プライバシー分野でNo.1のソリューションです。

その理由は、機能の網羅性にあります。

OneTrustのソリューションに興味がありましたら

お気軽にお問い合わせください