代表挨拶

2022年4月の改正個人情報保護法施行に代表されるように、日本でもデータプライバシー保護に対する要求が、以前にも増して厳しくなっています。そのことによって組織の負担が嵩む一方で、情報化が高度かつ複雑に進んだ現代においては、個人の権利と利益を守るために不可欠なものという考え方が広く支持されるようになりました。​

翻って海外を見渡すと、データプライバシー先進地域であるヨーロッパでは、より厳格な法規制であるGDPRが既に施行・運用されていますが、各国の企業の中には見事に対応して業務を遂行しているところも見受けられます。​

それらの企業では、実は、データプライバシー保護を実務として適切に運用していくための手法として確立された、フレームワークとツールが活用されています。​

我々は、そういったツールの知見と経験を活かし、日本企業が現代のデータプライバシー保護の要求に対応するお手伝いするために、TrustNowを立ち上げました。​

我々のメンバーは、ビッグデータやAIなどの先進的な技術とデータを活用して新しい価値を生み出そうとする人々と現場を共にし、データプライバシー保護の不備や不安のために社会に新しい価値をもたらすための次の一歩が踏み出せない場面を度々目にしてきました。​

いまや、データ活用は企業を含めたあらゆる組織の生命線です。チームにデータ活用の豊富な経験を持つメンバーを抱える我々だからこそ、「攻めのデータ」のための「守りのデータ」の実現で、お客様の成長のお手伝いができると考えています。

TrustNow
代表取締役社長 色見 哲一