企業内で分断されたリスク管理による弊害

リスク管理に対するその場しのぎのアプローチにより、リスク管理チームは業務に追われ、情報に基づいた意思決定を妨げる可能性があります。また、リスクは見逃されたり見過ごされたりすることで、リスク管理アプローチが後手に回ってしまう要因にもなります。

多くの企業は、全体的な視点での戦略を欠いており、さまざまなリスクを別々の手法、それぞれの組織や部署で管理しているため、正確なリスクの全体像を把握することができなくなっています。結果として、全社での一貫したリスクの優先順位付けと管理が出来ず、内部統制フレームワークの有効性についても影響を与えます。

こうした問題に対する解決策は、リスクおよびコントロールに関するデータを1つのデータベースで一元管理することです。これにより、リスクを正確かつ包括的に把握し、経営陣や取締役会に効果的に報告することが可能です。ビジネス部門をリスク管理に巻き込むことで、既知および新たなリスクに対する理解が深まり、総合的なリスク管理プログラムが強化されます。業務をよく知るビジネス部門が協力することで、データの正確性と完全性が確保され、ビジネス部門のマネージャーが自らのリスクと内部統制に対して責任を持つようになります。効率的なプロセスによって、リスク管理チームは、本来の重要な課題の対応に集中することができます。結果として、ネガティブなイベントや機会の損失、予想外の事象の発生の可能性と影響を最小限に抑え、企業の目標を達成する可能性を高め、全社的なパフォーマンスの向上を支援します。

Archer オペレーショナルリスク管理

Archer IRM オペレーショナルリスク管理

Archer は、一般的なオペレーショナル・リスク管理プログラムのコアとなる多様なユースケースに対応しており、トップダウン・リスクアセスメント、ボトムアップ・リスクアセスメント、損失イベント管理、(主要)指標管理、リスクカタログ、および問題管理といった機能が含まれています。 Archer は、これらの機能を統合し、リスク管理者が包括的なオペレーショナル・リスク管理プログラムを実施し、透明性を確保するのに役立ちます。

また、説明責任とリスク管理カルチャーを強化し、ビジネス・プロセスとサブ・プロセスを分類し、リスクを文書化し、コントロールを緩和する機能も提供しています。損失イベントのカタログ化や主要なリスク指標の設定など、組織全体でのリスクプロファイルの変化をモニタリングするための機能も提供されています。

Archer のオペレーショナル・リスク管理を使用することで、リスクの特定と評価、損失イベントの評価、承認、対応、主要なリスク指標の監督、日々のタスク、問題、改善計画の管理など、企業の防衛ラインの最前線で必要な業務をデジタル化することが可能です。 

機能紹介

トップダウン リスクアセスメント

ボトムアップリスク アセスメント

(主要)指標管理

損失イベント管理

Archer オペレーショナルリスク管理ソリューションの詳細は、こちらからお問い合わせください。