ESGの重要性とは?

世界的なパンデミックから、働き方の急速な変化、気候変動に至るまで、ここ数年のビジネス環境の変化の中で、サステナビリティレポートは、企業の環境・社会・ガバナンス(ESG)戦略において、これまで以上に重要かつ優先して取り組むべき課題となっています

Archer社のホワイトペーパーによると、SOXとの比較において、ESGは、収益、利益率、株価などに影響力があり、企業の経営、環境、社会への影響を測定することで、より企業価値の創造に大きく貢献するとされています。

例えば、サステナビリティレポートは、投資家が意思決定する際の重要な判断材料になります。投資家は、ESG パフォーマンスをますます重視しています。EY社の調査によると、2022年には投資チームの74%が、評価プロセスの一環として非財務情報開示の構造的かつ体系的な評価を行っているとされています。

また、SOX が財務の透明性と不正防止に重点を置いているのに対し、ESG は、企業がサプライ チェーンと生産プロセスをより適切に管理し、廃棄物、汚染、その他の悪影響を削減する方法についてのインサイトを提供するといった面においても企業価値の創造に貢献します。

法規制で厳格化されるESGスタンダード

現在、規制当局は、責任あるビジネス慣行を導くために設計された ESGスタンダードとフレームワークの確立に熱心に取り組んでいます。また、ESG 関連の要件と法規制の強化にも取り組んでいます。例えば、EUの企業サステナビリティ報告指令 (CSRD) では、EU域内の大企業および上場企業に対して、自社が直面する社会的および環境的リスク、および自社の活動が人々と環境にどのような影響を与えるかに関する定期的に報告書を発行することが義務付けられています。

こうした規制が新たに作成、または変更されるのに合わせて、企業は法規制への遵守を実証し、法的および金銭的ペナルティを回避するための対応をとる必要があります。 

業務およびESGに対する意識の変革

企業はESGの重要性を認識しているものの、対応に苦労しています。事業部門や機能全体の方針や慣行を見直し、改訂するとともに、データのトラッキングや報告手順を再評価し、場合によっては業務を変更することでこれまで以上にコストをかける必要があります。例えば、環境への影響を測定し削減するために、新しいITシステムやトレーニング等に投資する必要があるかもしれません。また、組織的には経営層の理解と協力を取り付けることは極めて重要です。取締役会やリーダーシップチームが企業としてESGに取り組むことで、従業員が組織のESG目標を理解し、その達成を支援するように導く必要があります。

ESG + テクノロジー

ESG の範囲は広範囲に及び、炭素排出から多様性や公平性の問題、慣行から規制ガバナンスや政策立案に至るまで、あらゆるものを網羅しています。ESGへの対応を検討する際の実際的かつ効果的な方法は、「ESG」が経済的利益を追求するために実行する必要があるすべての非財務活動であると考えることです。

ビジネスリーダーは、環境、社会、持続可能性の目標を達成するための組織の能力を完全かつ総合的に把握する必要があります。そして、現在および将来の ESG リスクを監視し、行動し、報告するためのほぼリアルタイムの方法が必要です。そのための自動化は、ESG への取り組みを管理する上で継続的な変化に対応するのに重要です。

自動化されたソリューションによって効率的な方法で指標を収集できるため、年次レポートの作成に必要な当面の労力が軽減されます。ギャップがあると、リスク軽減の取り組みが大幅に修正される可能性があるため、リスクと報酬に関して決定する必要があります。

 
 
ESG 自動化の主要な要素には次のものが含まれる必要があります
  • 企業目標にマッピング可能なESGメトリックとスタンダードのライブラリによるメトリックの生成、収集、トラッキング、レポーティング
  •  目的、ステークホルダー(社内外)、重要性評価、評価指標を含む、すべてのESG取り組みの一元的なトラッキング、トレース、管理
  •  どのESGトピックが最も重要で、どのESGトピックが最も大きな影響を及ぼすかを特定するのを支援するマテリアリティ・マッピング
  • ダブル・マテリアリティの影響を測定する計算ツールとリアルタイムのレポーティング
  •  ステークホルダーからのESGメトリックの容易な収集と、ESGメトリックに対して閾値設定することでコンプライアンス/コンプライアンス違反を特定
  •  メトリック収集中に特定された問題やギャップの管理
  •  シナリオ分析機能により、リスク低減のための潜在的なルートを特定し、アクションプランを管理
  •  リスクエクスポージャーを計算する定量化手法(緩和のコストとエクスポージャーのコストを比較する機能を含む)

Archer ESG マネジメント

Archer IRM ESG

Archer ESGマネジメント・ソリューション は、企業の環境、社会、ガバナンス・プログラムの全社的な評価、マッピング、モニタリング、レポーティング、定量化するための機能を提供します。Archer ESGマネジメント・ソリューションは、組織のバリュー・チェーンと社会的責任および持続可能性の責任を果たす能力に関する完全かつ一元化されたビューをビジネス・リーダーに提供します。経営幹部や取締役会のメンバーは、ESGマネジメントのグラフィカルなリアルタイム・レポートとダッシュボードを使用することで、定量化可能なデータと指標を用いてコンプライアンス、環境への影響、サプライチェーンのリスクを可視化し、評価することができます。Archer ESGマネジメント・ソリューションは、これらの実用的なデータによって、より良い意思決定と企業目標の達成に役立つと同時に、リスクを軽減し、事業が成功するための手段を確実に講じれるようサポートします。  

機能紹介

サステナビリティ・レポーティング

ESG ポートフォリオ管理

ダブル・マテリアリティ カリキュレーター

Archer ESGソリューションの詳細は、こちらからお問い合わせください。